FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
A NUDEツアー@曲レポその
2013-11-23 Sat 20:01
こんばちわ!
なんだかそうとうご無沙汰な感じがしますね。
今週とりあえずずーっと苦しめられてた仕事からちょこっと解放されました。
でも案の定体調が良くなくて・・・これもうストレスだわ!(笑)

さて、気分も軽くなったところで、レポ書きますね。
本当はその公演ごとについて書きたいんですけど・・・
すんごく長くなりそうだから、ある程度のセトリ順に合わせてレポ書きますね。
今日はとりあえずその1にしてますけど、その何までいくのやら(笑)

とりあえずトータルから行くとぴんく☆的に10月と11月ではちょっと雰囲気が違ったかなぁ。

SING FOR YOU
前半はそうとは思わなかったんですけど、11月の公演でちょこちょこ見受けられたんですけど
ポップアップで出てくる高さがハンパなくて、不安定で着地にぐらついたり。
和歌山もだったけどヒーロー並に、片膝と手をついての着地!
まさに君臨ですね。
和歌山では、歌いだし前に右手で来い来いと手で合図。
そのあとにまた髪の毛をかきあげ、自分の顎をクイッと。
な、なんなすかそのこれでもか!っていうくらいの秘密兵器。
この時の衣装は白のロングコートに、なぜか・・・目元に仮面。
それいらんのよーん。
ぴんく☆、この曲はMステで見たときから、足さばきを楽しみにしてたのに
ロングコートということで撃沈でしたが、
足を広げるとことでは、ちゃんとコートの前部分を手でぱっと分けるところにすら胸キュン。
2番の「ほっとけばいいんだ」のところ。
右手を顔の横に持ってきて、ちょっと手をヒラヒラさせるのが好き。
あとBメロの「都合よすぎることは言わない」のところで
肩を入れながらも動かす振り(説明下手)の時の手首と指の角度が絶妙で好きすぎる。
これほんと伝わりにくいし、歌番組のは微妙だったし・・・。
手首も一緒にクイクイ動かしてるんですけどね。
それと後奏のとき片足に重心をかけて足をトントン動かすところも好きすぎる。
富山では、トントンしながらの髪の毛かきあげ。

怪・セラ・セラ
サビのあたりとかいつものダンスと違うのが残念。って最初は思ってたんですけど
ちょっとしたら、こっちの演出好きかも!って思える曲でした。
前奏で、両手をパタパタ動かせるところの表情がほんとに様々でした。
クールな日もあれば、ニコニコしながらの日もあって。
Aメロの部分も、照明が赤?ピンク?でとても妖艶に映るから
そんな時にセクシーな表情されたら余計にたまりませんよね。
サビのところでは、ステージに座って歌うんですけど
この時のちょっとキメてる表情がたまらんです!!
クールに決めてて。
あと・・・なんといっても座ったときの太ももをどうしても見てしまう変態ぴんく☆。
片足は立てたまま歌ってるんですけど、ステージとくっついてる太ももを見ると・・・
柔らかそうにみえたり。あーツンツンしたいな~って変なことばっかり考えてます(笑)

はだかんぼー
富山も和歌山も前奏あたりで、親指で鼻を触ってたんだけど
和歌山はそれプラスファンの子をガンミして顎でクイッと落すような目をしてました・・・。
あぁ、あれ完全に反則。あんな顔されたら腰砕ける。
この曲で、上はノースリーブになります。
富山で歌いながらベルトのバックルに親指かけてるのを見て、えっろーっと思ったぴんく☆はもっとえろですね。

Hit the wall
この曲、前回のときは踊ってくれなかったから今回は踊ってくれてめっちゃうれしかった!
登場したとき、白幕の間からひょこっとしか見えない山下君だけど
Bメロでは幕もなくなり、ガンガン腰と足を効かせたダンスを見せる山下くんの色っぽさにやられる。
そして間奏では、ちょっとキメな部分があって毎回ちょっとは違った気がするんだけど、
腰を前後に振るのが基本形らしい。
でも和歌山では、それに加えて右手をお尻に添えてた。(ここでは普通だと思ってた)

Tokyo shinfonietta
なんか原曲より早く聞こえるのは気のせいかな?
加速していく感じが、こっちもドキドキさせられる。
SGSBの時のシックな衣装もよかったけど、今回みたいなカジュアルな服装でガシガシ踊ってくれるの好きー!
神戸の時の歩きながら客席を見つめ、ちょっと微笑む顔が忘れられません。
かと思えばキメな顔をしてみたり。
客席に向かって、両手を順に差し出す姿は、なんだか会場に溢れてる愛を受け止めるかのように見えました。
そんな姿を見てウルっとしちゃったり。
時々はクラップを誘ってみたりしてましたね。

Nocturne
この曲のダンス、かっこいいんだけど、
衣装のフードをかぶって顔があんまり見えなくなってしまうところが本当に残念。
2番のAメロ終わりに、ダンサーさんたちが山下君の周りに群がって
山下君をちょこっと触るような感じd動いていくんですけど・・・
お尻らへん触ってる人・・・いいなぁ(危ない)
「And when I reach your hands~」の時、
最初は斜めに傾いて手を付ける(体育祭でやるような扇みたいな態勢)格好で、
腰をゆらゆらさせてたんだけども、後半になるにつれてエスカレート。
もうこれ、あかんよー!だってそれフリじゃないんでしょ?
ナチュラルに出ちゃうもんだとしたら・・・ごにょごにょ。
なんだろう、ぴんく☆が見た激しさの順番で行くと、仙台が一番かな?
仙台の時、膝立ちやったかな?あれ?違うかも。
で、そっから石川は・・・上から攻めバージョンで(やや激しめね)きましたね。
富山は、ゆっくり手をついて・・・優しめバージョン。
富山、何気に好きだったなー。
でも和歌山でも同じスタイルだったんですけど、
手をつくときに、すでにドキドキしてる自分(笑)
そっからのー、腰の動きはちょっと激しめ(照)なんだけど!
ここでもまた右手をお尻に添えてた。
え、綺麗に見えるようにだよね?ま、まさか・・・って想像してしまいましたがな。
そして後奏のダンスで結構手数多い部分があるけど、そこがやっぱり好きー!
手数多くて、難しそうやけど、それを真顔で踊る山下君にキュンキュン。

月の幻
この曲が・・・本当に好きです。
「他の誰かとキスをして 抱き合うのだろう」というところに合わせて踊る山下君の表情が切ない。
サビの「目隠しして~」のところ。
手で目隠しを作るところは日によって深さ?が違いますね。
深ければ深いほど、色っぽい。この表情を見るにはやっぱり二階じゃなきゃ!
「辿っていくカタチとおりに」っていうとこでは、上半身を波打つように動かせるところがまたセクシーで。
すんごい好きだった曲だけど・・・女性ダンサーとのガンガンな絡みを見て
初日、完全にダメージ受けた自分がいた。
それでももう最近はなれたけどね!
山下君がいつも大体決まったところで、目隠しされてる布に手をかけるんだけど
あれは、そのあと動くときに見えるように隙間を作るため?
そこからソファーの周り・上を歩くんだけど、あんなの見てるとこっちまでソファーで遊びたくなるわ。
そしてダンサーの一人が、目隠ししたままの山下君の顎をクイッと持つんですよね。
途中から・・・あー!!!ぴんく☆もあれやりてー!って思ってました(笑)
もうこれ、飼いたいレベルですね(笑)

ということで、今日はこの辺で・・・
このペースだと相当時間がかかるかと思いますが、温かい目で見てやってください。
スポンサーサイト
別窓 | コンサート&イベント | コメント:1
<<A NUDEツアー@曲レポその2 | 一生山下智久。 | いよいよ、ホールラスト!>>
この記事のコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-11-24 Sun 12:33 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 一生山下智久。 |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。